任意整理

ミネルヴァ、3年前から預かり金流用か 「依頼者は底つき」過払い金ビジネス終焉

7月末だが、産経新聞で以下の様な記事を見かけた。
この記事では触れていないが、今、債務整理を行う弁護士を食い物にする、会社や集団が多い。
弁護士事務所に入り込み非弁行為のようなことを専門にする業者やハングレ系のグループなど様々だ。
とりあえず、以下のミネルヴァに関する産経新聞の記事を読んで頂きたい。

続きを読む

「ご利用可能金額〇〇万円」を自分のお金と錯覚してしまったのが事の始まりです。

ネットショッピングに利用していたクレジットカードが原因で借金問題に陥りました。カードの請求額と一緒に記載されていた利用可能額をなぜか自分のお金だと錯覚してしまったのが事の始まりです。

散財を繰り返した上に、仕組みをよく理解せずにリボ払いを利用し、リボ払いの支払いができなくなると今度はキャッシングでお金を借りて返済する。典型的な自転車操業にはまり、一気に借金は300万円にまで膨れ上がりました。

続きを読む

ブラックリストに登録されるのが嫌で借金問題を放置。結局、借金が増えただけでした。

私は借金が4社で200万円になった頃、そろそろヤバイと思いインターネットで解決方法を調べました。いくつかのサイトを見ていると任意整理という方法があることを知りましたが、情報センターにブラックリスト登録されることから手続きを諦めてしまいました。

続きを読む

ギャンブルが原因で多重債務に陥りました。

私は、パチンコや競馬が好きで休日になると毎週のように出入りしていました。最初は、手持ちのお金の範囲で趣味程度に遊んでいましたが、負けが込んだ時に一気に取り戻そうとキャッシングでお金を借りて馬券につぎ込んでしまいました。

続きを読む

内緒で借金をしていたことを思い切って妻に打ち分けることができました。

私は、小遣いが足りなくなると、時々キャッシングで賄っていました。もちろん、妻には内緒です。キャッシングでお金を借りるのは、せいぜい月に1万円程度で翌月には返済できる範囲の利用でした。

しかし、ギャンブルに手を出すようになったことで返済が追い付かなくなってしまいました

続きを読む

全国の弁護士が“コロナ禍は自然災害”と提言、その理由とは?

コロナ渦での経済問題の話題の中で、僅かに触れる程度ですが「自然災害債務整理ガイドライン」について触れられている記事ですので、紹介したいと思います。
自然災害債務整理ガイドラインを簡単に説明すると、銀行や弁護士会などが東日本大震災を契機に立ち上げた民間のサービスで、これを利用することで信用情報を汚さずに債務整理ができるというものです。
以下がTOKYO MXが配信したものです。

続きを読む